整備・メンテナンス

気になったその時に!

エンジンオイルを長期間交換しない事による走行不良トラブルが増えています
車検に通るかだけでなく、愛車に長く乗るためにはメンテナンスがとっても大切!!
交換した方が良いもの、しっかり見極めていただき よりよいカーライフを送っていただきたいです!

ちょっとした気になることでも 出来る限りお役に立てたら! と考えておりますので なんでもご相談してください。

ご相談例
●オイル交換 ●リモコン電池交換 ●タイヤのローテーション ●ランプ切れ交換 ●ブレーキが鳴く ●クーラーが効かない ●ワイパーゴム交換 ●タイヤの購入を考えている ●部品の取り寄せ ●車の正規のタッチペイントが欲しい などなど

 

 

最低でも一年に一度は必ず点検を!スズキの 点検・整備ポイント はこちらからご覧ください★

安全なカーライフを続けていただくために定期的な点検をおススメしています。問題が無いと感じていても思わぬトラブルが潜んでいる場合も少なくありません。特にたくさんの距離を乗られる方は、最低でも一年に一度は必ず点検を行っていただくようお願いいたします。
以下は点検・整備のポイントの一部です。

ポイント①
エンジンオイル・オイルフィルター
エンジン内の金属部品の摩耗を低減させる働きをしています。
長期間交換をせずに乗車を続けると、
オイルの劣化・不純物の蓄積→潤滑性能の低下→エンジン負荷増大
というようにエンジン本来の性能が発揮出来なくなります。
燃費の低下や最悪の場合はエンジンが使用不可になる場合がありますので定期的な点検・交換をおススメします。

ポイント②
ブレーキディスク・ディスクパット
ブレーキの際タイヤの回転を止めている安全上非常に重要な部品です。
ディスクブレーキの場合はホイールの奥を確認していただくと、実際に見ていただくことができます。
ディスクパッドが摩耗した状態で乗車を続けると
摩擦力の低下によりブレーキ性能が低下します。
「ブレーキを踏んだ際に音が鳴る」など違和感を感じた際はすぐに確認を行ってください。

ポイント③
ロアアームボールジョイント
タイヤ・サスペンション・車体をつないでいる重要な部品です。
破損をすると最悪の場合ハンドル操作が効かなくなります。ブレーキと同様安全上非常に重要な部分です。
ジョイント部分を覆っているゴムやプラスチック部品の破損がよく見られる症状です。

ポイント④
ブレーキホース
油圧で動くブレーキにブレーキオイルを各装置へ伝えるホースです。
破損によりブレーキオイルが漏れ、最悪の場合圧力が伝わらずブレーキが働かなくなります。
「ブレーキを踏んだ感覚がいつもより異様に軽い」など違和感を感じた際はすぐに確認をおこなってください。